一橋大学体育会應援部

一橋大学全体のチアアップ

私たちはこの理念の下、

  1. 応援活動(そのための練習)
  2. 各種学校行事への参加
  3. 大学内でのネットワークづくり

などを行なっています。

これらの活動を通じて一橋大学を盛り上げ、それにより自らも楽しい大学生活を送ることを目標にしています。

主将挨拶

響想

弊部ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
一橋大学体育会應援部第六十六代主将を務めます、植田悠真と申します。

10月に入り、国立の銀杏も色づき、いよいよ秋めいてまいりました。
世の中においても、新型コロナウイルス感染症の猛威が収まりつつあり、明るい日常が少しずつ帰ってきていることを嬉しく思います。

弊部といたしましても、一橋大学の各体育会の公式戦が始まり、徐々にその応援に赴くことができるようになりつつあります。応援の形式を例年のものに一部変更を加えることで感染対策を行いながらも、気持ちを込めた応援を最大限行うことができるよう考え、活動に取り組んでおります。應援部として一橋大学の体育会を応援できることを長らく考え続け、想定しながら活動に取り組んできた我々でございますので、応援に行くことができるというその事実だけでもこの上ない喜びではありますが、一橋大学が素晴らしい成績を残すことができるよう、力の限り応援してまいりたいと考えております。

そして、我々は本年度、『響想』という活動指針を掲げております。これはあらゆる物事や様々な人に想いを馳せ、その想いを波及できるよう活動に励んでいくという思いを込めた言葉です。このような時代だからこそ、我々、一橋大学体育会應援部にしかできない応援を響かせていきたいと考えております。今こそ、我々の真価が問われる時代であり、試行錯誤の中で、私たちなりの応援を見つけ、そして行っていく所存であります。

今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和三年十月吉日
一橋大学体育会應援部
第六十六代主将 植田 悠真

令和二年十二月吉日
一橋大学体育会應援部
第六十六代主将 植田 悠真

パート紹介

應援部は、リーダー・チアの2つのパートに加え、部員全員が楽器を演奏します。

  • リーダー

    学ランを纏い、応援を牽引する部員です。性別は問いません。
    拍手、腕振り、突きといった動きで選手を鼓舞します。
    また、応援の要となる太鼓を叩いたり、大学の象徴である校旗を掲げるのもリーダーの役割です。

  • チアリーダー

    チアコスチュームに身を包み、応援に華を与える女子部員です。
    キレのあるダンスととびきりの笑顔で見る者に元気を与えます。
    また、一部の応援やステージでは、楽曲に合わせたダンスやスタンツ(高度な組体操)も披露します。

  • 楽器

    一橋大学体育会應援部では、リーダー・チアに加えて部員全員が楽器を兼任します。
    トランペット・アルトサックス・トロンボーン・ユーフォニアム・スーザフォン・ドラムの6パートからなり、美しい音色で応援を盛り上げます。