Please let me sleep… 二年 栗田 理沙

みなさま、こんにちは!!

 現在、40時間起き続けております、栗田です…

 正直、頭が全く回っていないので変なことを口走るかもしれませんが、どうぞご了承ください

 普段は睡眠をしっかりとるように心がけているのですが、どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。事の発端は、先月の下旬ごろまでさかのぼります…。

 

 現在私は商学部2年生なのですが、商学部の2年生は前期ゼミナールという必修のゼミナールを履修する必要があり、選考は3月末にあります。私は会計関連に興味があったので会計専門の教授のゼミナールを色々シラバスで調べたりしていたのですが、新学期が始まる直前は誰でも意識が高くなるもの。1限の時間だったにもかかわらず、ゼミナールの内容で一番興味のあったところへ選考を出しました。昨年は「お布団が放してくれなーい♡」などと言ってさんざん1限に遅刻・欠席していたにもかかわらず、ゼミナール選考を出すときの私は根拠のない自信と「今年はまじめに授業に取り組むぞ!!」と謎の意気込みに溢れてやる気に満ちていたのです。私をよく知る友人たちからは「絶対やめなよ、無理だよ」と止められたのですが、私は「I’m new Kurita!!」などと叫び全く持って耳を貸しませんでした。

 

 ところがどうでしょう。4月になって授業が開始してからそのやる気はどこへとやら。初回のゼミナールからすでに先行きは怪しく、開始の30秒前に息を切らせながら教室にどたどた駆け込む有様。2回目からは課題も出され何とか課題は終わらせたものの、「あと5分だけ」「あと1分だけ」と布団にくるまり続けて結局チャイムのなり終えた後に教室へ駆け込み教授がまだ来ていないかをきょろきょろ確認。そして今日は3回目だったのですが、なんと昨日の夜12時から課題に取り組み始め、終わって窓の外を見るとまぶしいばかりの朝日、そしてその光に照らされて7時の針を指す時計…。まだ授業が始まったばかりともいえるこの時期からこの様子では、先が思いやられます…。

 とりあえず回転しない頭で思うのは、課題は絶対に先延ばしにしてはいけないということです(笑)徹夜をしたことのある方(たぶんほとんどの方がそうだと思いますが)ならわかると思うのですが、日中はあくびが止まらずどんなに頑張っても瞼がおりてくるこのつらさは耐え難いものがあります。あと、1限には必修を入れてはいけないです、本当に後悔しかしていないです…。

 そろそろ寝落ちをしてしまいそうなレベルで眠気が襲ってくるので、今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。みなさまは私のようにはならないようお気を付けください(笑)

 それではおやすみなさい。(ノД`)・゜・。