栗田理沙

秋シーズン到来 二年 栗田 理沙

こんばんは!!

ここ一週間は雨や曇りが多く、涼しい日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
テレビによれば、もう秋雨前線が発達しているのだそうです…。まだ8月半ばなのに、もう秋らしいワードを聞いてびっくりですΣ(゚Д゚)
ですが、来週からは天気は良くなるようなので、8月後半に期待したいと思います!!

つい先日、充実していたオフも終わり、秋季シーズンへと突入しました!!1カ月半近くあったオフはあっという間に過ぎ去ってしまいました…。オフが終わるたびにいつも「あれをしておけばよかった」とか、「もっとアルバイトを頑張っておけばよかった」などと後悔してしまうことが多いのですが、今回もその例にもれずやりきれなかったことがいくつかありました。

1つ目は、先ほど述べたアルバイト。夏オフに入ってから全体の4分の1ほどはアルバイトに捧げていたのですが、秋シーズンに入った時点で何故かすでに金欠に近い状態です…。自分の予定では、秋季が始まる時点でお財布には福沢諭吉が5人ほどいらっしゃる状態に持っていきたかったのですが、何故か1人しかおりません。気付くと、減っているお札と増えているレシート。もはや、自分が二重人格で、裏人格の自分が散財しているのかと疑うレベルです。

2つ目は、前期ゼミナールの課題です。夏休みの間に商学部関連の本を3冊読み、それぞれについてプレゼンを作らなければならないのですが、現在まだ本すら購入していません。つい最近まで存在すら忘れていたのですが、同じゼミナールの友人から「どんな本を読んだ?」とのラインが来、「あっ、そういえばそんなものあった…!」と思い出すことができました。思い出させてくれた友人には感謝してますが、読んでいる前提で話をされるとなんかつらいですね。

最後に、3つ目ですが、高校の同級生と会うことです。一回は部活の同期と会ったのですが、あまりたくさん話す時間がなく、とても残念です。今年の3月に高校の部活仲間皆で江ノ島で陶芸体験をし、それらがようやく焼きあがって完成して同期のうちの1人の家に届いたのですが、それを引き取るために久しぶりに会いました!!皆忙しく、2時間程度しか話すことができなかったのですが、9月に1度会うという話になり今から楽しみです。
陶芸は湯飲みとお茶碗を作ったのですが、自分が作った時の形と全く違い、きっと優しい陶芸師さんが手直しをしてくれたようで、売り物とほぼ同じくらいきれいな仕上がりとなっていました。ただ、持って帰る途中に鞄をどこかにぶつけてしまったのか、帰宅した時にはふちがかけた状態となっていました( ノД`)
最近いろいろな人からドジ間抜けと言われているので、もっと注意深く生きていきたいと思います(`・ω・´)

このようにやり残してしまったことはありますが、それでも充実したいいオフであったと思います!
オフで休養もとれたということで、秋シーズン勢いよく突っ走って駆け抜けていきたいと思います。
温かく見守っていただけると嬉しいです。
それでは、この辺で失礼します!!